Búsqueda Imágenes Maps Play YouTube Noticias Gmail Drive Más »
Iniciar sesión
Usuarios de lectores de pantalla: deben hacer clic en este enlace para utilizar el modo de accesibilidad. Este modo tiene las mismas funciones esenciales pero funciona mejor con el lector.

Patentes

  1. Búsqueda avanzada de patentes
Número de publicaciónWO2012176738 A1
Tipo de publicaciónSolicitud
Número de solicitudPCT/JP2012/065544
Fecha de publicación27 Dic 2012
Fecha de presentación18 Jun 2012
Fecha de prioridad18 Jun 2011
Número de publicaciónPCT/2012/65544, PCT/JP/12/065544, PCT/JP/12/65544, PCT/JP/2012/065544, PCT/JP/2012/65544, PCT/JP12/065544, PCT/JP12/65544, PCT/JP12065544, PCT/JP1265544, PCT/JP2012/065544, PCT/JP2012/65544, PCT/JP2012065544, PCT/JP201265544, WO 2012/176738 A1, WO 2012176738 A1, WO 2012176738A1, WO-A1-2012176738, WO2012/176738A1, WO2012176738 A1, WO2012176738A1
InventoresEtsunori Fujita, 藤田 悦則, Hirofumi Mizuno, 宏文 水野, Yuji Hattori, 有二 服部, Shoichi Hashimoto, 昭一 橋本
SolicitanteDelta Tooling Co., Ltd., 株式会社デルタツーリング
Exportar citaBiBTeX, EndNote, RefMan
Enlaces externos:  Patentscope, Espacenet
Armrest and seat
WO 2012176738 A1
Resumen
Provided is an armrest that can be produced at a low cost and with a lightweight structure, and is able to prevent pinching of clothes or fingers by means of a simple structure. A core plate (20) and a cover member (30) are integrally formed, the core plate (20) is, excepting a portion of the surface thereof, covered by the cover member (30), and the base (21) of the core plate (20) is disposed face-to-face with a base member (10) provided with stoppers (10b, 10c) that limit the range of pivoting of the core plate (20). The contact between the stoppers (10b, 10c) and the core plate (20) in both a normal-use position and a flipped-up position of the armrest (1) is within the range that is covered by the cover member (30), and so clothing and fingers are not pinched between the two.
Imágenes(14)
Previous page
Next page
Reclamaciones(6)  traducido del japonés
  1. 取付対象部に、通常使用位置と跳ね上げ位置との範囲で回動可能に設けられるアームレストであって、 The mounting object portion, and a armrest which is provided rotatably within the range of the normal use position and the flip-up position,
    前記取付対象部に取り付けられるベース部材と、 A base member attached to the attachment object part,
    基端部が前記ベース部材に回動可能に軸支される所定長さの芯プレートと、 a core plate of a predetermined length of the base end portion is rotatably supported on the base member,
    前記芯プレートの基端部における前記ベース部材との対向面を除いて前記芯プレートを被覆するプレート被覆部と前記プレート被覆部の周縁から外方に張り出す突出片とを有する断面略I字状に成形されると共に、前記芯プレートと一体成形される合成樹脂製のカバー部材と、 Section substantially I-shaped having a projecting piece projecting outwardly from the periphery of the plate covering portion and said plate cover portion for covering the core plate except for the surface facing the base member at the proximal end of the core plate well as molded, and the core plate made of synthetic resin is integrally molded with the cover member,
    前記ベース部材において、前記芯プレートの回動中心を挟んで前記芯プレートの基端部の上端縁側と下端縁側にそれぞれ突設され、前記通常使用位置と跳ね上げ位置とのいずれにおいても前記芯プレートに共に当接し、前記芯プレートにかかる荷重を両方で分散負担する一対のストッパ部とを有することを特徴とするアームレスト。 In the base member, wherein sandwiching the rotation center of the core plates are respectively projected from the upper edge and lower edge of the base end of the core plate and the core plate in either of the normal use position and the flip-up position It abuts both armrest characterized in that a pair of stopper portions dispersed bear both the load applied to the core plate.
  2. 前記カバー部材内で、前記芯プレートの基端部における前記ベース部材との対向面との反対面に積層され、前記ベース部材と共に前記芯プレートの基端部を回動可能に支持し、かつ、前記一対のストッパ部の先端がそれぞれ挿通されるストッパ部挿通孔を有する支持ディスクを備える請求項1記載のアームレスト。 Within the cover member, the laminated on the opposite surface of the surface facing the base member at the proximal end of the core plate, a base end portion of the core plate is rotatably supported together with the base member, and, Armrest according to claim 1, further comprising a support disc having a stopper portion insertion hole which the tip of the pair of stopper portions are respectively inserted.
  3. 前記芯プレートの前記通常使用位置と跳ね上げ位置でロックを行うためのロック機構であって、 A locking mechanism for locking in the normal use position and the flip-up position of the core plate,
    前記芯プレートに形成されたロック用シャフト受け部に当接し、前記通常使用位置又は跳ね上げ位置における前記芯プレートの回動を規制するロックシャフトと、 Contact with the locking shaft receiving portion formed in the core plate, and a locking shaft for restricting the rotation of the core plate in the normal use position or flip-up position,
    前記ロックシャフトに係合して、前記ロック用シャフト受け部に当接した状態又は当接が解除された状態を維持するロックスプリングと、 A lock spring for maintaining said lock shaft engages in a state in which the state or the abutment is released abuts on the locking shaft receiving portion,
    前記ロックスプリングにより、前記ロックスプリングが前記ロックシャフトに係合する方向に付勢されると共に、この付勢力に抗して動かすことにより前記ロックスプリングの前記ロックシャフトへの係合を解除する解除ノブと、 By the lock spring, and together with the locking spring is urged in a direction to engage the locking shaft, release knob to release the engagement of the said locking shaft of the locking spring by moving against this biasing force and,
    前記解除ノブを被覆すると共に、前記ロックシャフトの前記ロック用シャフト受け部への当接操作又は当接状態の解除操作を行うためのダミーカバーとを備えたロック機構を有する請求項1又は2記載のアームレスト。 As well as covering the release knob, the abutting operation or according to claim 1 or 2 having a locking mechanism having a dummy cover for carrying out the release operation of the contact state to the locking shaft receiving portion of the lock shaft armrest.
  4. 前記一対のストッパ部は、前記ベース部材において、前記芯プレートの回動中心を挟んだ対称位置に設けられている請求項1~3のいずれか1に記載のアームレスト。 The pair of the stopper portion, said base member at said one armrest according to one of claims 1 to 3 provided at symmetrical positions sandwiching the rotation center of the core plates.
  5. 前記ベース部材が、前記取付対象部としてシートバック部のサイドフレームに取り付けられる請求項1~4のいずれか1に記載のアームレスト。 Said base member, said armrest according to any one of claims 1 to 4 as an attachment target part is attached to the side frame of the seat back portion.
  6. シートバック部とシートクッション部とを備えたシートであって、 A seat with a seat back portion and the seat cushion portion,
    請求項1~4のいずれか1に記載のアームレストが、前記シートバック部のサイドフレームにベース部材を取り付けることにより設けられていることを特徴とするシート。 Sheet armrest according to any one of claims 1 to 4, characterized in that it is provided by mounting the base member to the side frames of the seat back portion.
Descripción  traducido del japonés
アームレスト及びシート Armrest and seat

本発明は、アームレスト及び該アームレストを備えたシートに関し、特に、航空機、列車、船舶、バスなどの乗物用シートに取り付けられるアームレスト及び該アームレストを備えたシートに関する。 The present invention relates to a seat with armrest and the armrest, in particular, aircraft, trains, ships, relates to a sheet comprising a armrest and the armrest is attached to the vehicle seat such as a bus.

例えば、航空機の客室に設置されるシートにおいて、特に通路側のアームレストは固定されているものが多いが、車いす利用者が座席に移動しやすいように、少なくとも一部のシートでは可動式アームレストが採用されている。 For example, employed in a seat which is installed in the cabin of an aircraft, in particular an armrest of the aisle are many of them are fixed, so that the wheelchair user is likely to move the seat, at least part of the seat is movable armrests that has been. 例えば、特許文献1において従来例として示されている図11には、アームレストの基端部をシートバック部に軸支し、通常使用位置である略水平状態から上方に向かって跳ね上げ、シートバック部の側部に沿った姿勢に変位させる機構が示されている。 For example, in Figure 11 shown as a conventional example in Patent Document 1, a proximal end of the armrest is pivoted on the seat back portion, a substantially horizontal state and flipped upward is usually use position, the seat back mechanism for displacing the position along the side parts is shown. 同じく、特許文献1において従来例として示されている図12には、シートバック部の側部にガイド溝を設け、このガイド溝に沿ってアームレストを上下動させる機構が示されている。 Similarly, FIG. 12, shown as a conventional example in Patent Document 1, a guide groove provided on the side portion of the seat back portion, there is shown a mechanism for vertically moving the armrest along the guide groove.

特開平6-156393号公報(図11,図12) JP-A-6-156393 (FIGS. 11 and 12)

特許文献1の図11及び図12に示された機構は、いずれも、アームレストの前方端側を、シートクッション部に回転自由に軸支されたステイを介して支持する機構であり、アームレストを上下動させる際に、これらのステイの変位により衣服や手指が挟まれる可能性がある。 Mechanism shown in FIGS. 11 and 12 of Patent Document 1, both the front end of the armrest is a mechanism which supports via a rotatably journalled by a stay in the seat cushion portion, the upper and lower the armrest when to be dynamic, there is a possibility that the clothing or fingers are pinched by the displacement of these stay. また、シートクッション部及びシートバック部の側方に沿って架台フレームを設置し、この架台フレームの上部に、基端部を回動可能に軸支したアームレストも知られているが、この場合には、架台フレームの上部とアームレストの基端部との間に、衣服や手指が挟まれる可能性がある。 Also, we have established a mount frame along the side of the seat cushion and the seat back portion, the upper portion of the gantry frame, the base end portion are also known armrests that axially supported rotatably, in this case is, between the upper and the armrest of the proximal end portion of the mount frame, there is a possibility that the clothing or fingers are pinched. もちろん、このような従来の構成では、衣服や手指等が挟まれることを防止するため、種々の対策が施されているが、そのような対策を施すことで構造が複雑化し、部品点数が多くなりがちで、重量も重くなるといった問題があった。 Of course, in such a conventional configuration, in order to prevent such clothing or fingers from being pinched, various measures have been applied, the structure is complicated by applying such a measure, the number of parts tends to be, there is a problem that weight is also heavy.

その一方、アームレストを可動式にする場合、離陸時、着陸時等における不用意な可動を避けなければならない。 Meanwhile, when the armrest movably, takeoff, and must avoid inadvertent moving of the landing or the like. そのため、アームレストを可動するためのロック解除を、基本的には客室乗務員が実施するようにして、乗客が簡単には操作できないような工夫も必要である。 Therefore, the lock release to movable armrest, basically this way cabin crew to practice, passengers can easily it is necessary also devised that can not be operated.

本発明は上記に鑑みなされたものであり、衣服や手指の挟み込みを簡易な構造で防止でき、軽量な構造でかつ低コストで製造可能なアームレスト及び該アームレスを備えたシートを提供することを課題とし、さらに、本発明は、この課題に加え、アームレストを可動するロック解除を乗客が簡単には操作できないようにしたアームレスト及び該アームレストを備えたシートを提供することを課題とする。 The present invention has been made in view of the above, aims to provide to prevent pinching of clothing or fingers with a simple structure, with a lightweight structure and and which can be manufactured at a low cost arm rest and said Amuresu sheet is a further, the present invention, in addition to this problem, is to unlock the easy passengers moving the armrest is an object to provide a sheet with the armrest and the armrest to prevent operation.

上記課題を解決するため、本発明は、取付対象部に、通常使用位置と跳ね上げ位置との範囲で回動可能に設けられるアームレストであって、前記取付対象部に取り付けられるベース部材と、基端部が前記ベース部材に回動可能に軸支される所定長さの芯プレートと、前記芯プレートの基端部における前記ベース部材との対向面を除いて前記芯プレートを被覆するプレート被覆部と前記プレート被覆部の周縁から外方に張り出す突出片とを有する断面略I字状に成形されると共に、前記芯プレートと一体成形される合成樹脂製のカバー部材と、前記ベース部材において、前記芯プレートの回動中心を挟んで前記芯プレートの基端部の上端縁側と下端縁側にそれぞれ突設され、前記通常使用位置と跳ね上げ位置とのいずれにおいても前記芯プレートに共に当接し、前記芯プレートにかかる荷重を両方で分散負担する一対のストッパ部とを有することを特徴とするアームレストを提供する。 In order to solve the above problems, the present invention is the mounting object portion, and a arm rest which is provided rotatably within the range of the normal use position and the flip-up position, and a base member attached to the attachment object part, based on Plate cover portion which end covers and the core plate of a predetermined length which is rotatably supported on the base member, the core plate except for the surface facing the base member at the proximal end of the core plate wherein along with the peripheral edge of the plate covering portion is shaped in cross-section substantially I-shaped having a projecting piece projecting outward, and the core plate and the cover member made of synthetic resin which is integrally molded in said base member and, The protruded respectively across the rotation center of the core plate to the upper edge and lower edge of the base end of the core plate, and abuts both the core plate in any of the normal use position and the flip-up position, providing an arm rest, characterized in that a pair of stopper portions dispersed bear both the load applied to the core plate.

前記カバー部材内で、前記芯プレートの基端部における前記ベース部材との対向面との反対面に積層され、前記ベース部材と共に前記芯プレートの基端部を回動可能に支持し、かつ、前記一対のストッパ部の先端がそれぞれ挿通されるストッパ部挿通孔を有する支持ディスクを備えることが好ましい。 Within the cover member, the laminated on the opposite surface of the surface facing the base member at the proximal end of the core plate, a base end portion of the core plate is rotatably supported together with the base member, and, It is preferable to provide a support disk having a stopper portion insertion hole which the tip of the pair of stopper portions are respectively inserted. 前記芯プレートの前記通常使用位置と跳ね上げ位置でロックを行うためのロック機構であって、前記芯プレートに形成されたロック用シャフト受け部に当接し、前記通常使用位置又は跳ね上げ位置における前記芯プレートの回動を規制するロックシャフトと、前記ロックシャフトに係合して、前記ロック用シャフト受け部に当接した状態又は当接が解除された状態を維持するロックスプリングと、前記ロックスプリングにより、前記ロックスプリングが前記ロックシャフトに係合する方向に付勢されると共に、この付勢力に抗して動かすことにより前記ロックスプリングの前記ロックシャフトへの係合を解除する解除ノブと、前記解除ノブを被覆すると共に、前記ロックシャフトの前記ロック用シャフト受け部への当接操作又は当接状態の解除操作を行うためのダミーカバーとを備えたロック機構を有することが好ましい。 A locking mechanism for locking in the normal use position and the flip-up position of the core plate, in contact with the locking shaft receiving portion formed in the core plate, and wherein in said normal use position or flip-up position a lock shaft for restricting the rotation of the core plate, said engaged with the lock shaft, and a lock spring for maintaining a state of contact with state or abutment is released to the locking shaft receiving portion, said locking spring by, and together with the locking spring is urged in a direction to engage the locking shaft, and a release knob for releasing the engagement of the said locking shaft of the locking spring by moving against this urging force, and the In addition to coating the release knob, it is preferable to have a locking mechanism having a dummy cover for making the contact operation or releasing operation of the contact state to the locking shaft receiving portion of the lock shaft. 前記一対のストッパ部は、前記ベース部材において、前記芯プレートの回動中心を挟んだ対称位置に設けられていることが好ましい。 The pair of the stopper portion, the in the base member it is preferably provided at symmetrical positions sandwiching the rotation center of the core plates. 前記ベース部材が、前記取付対象部としてシートバック部のサイドフレームに取り付けられることが好ましい。 Wherein the base member is preferably attached to the side frames of the seat back portion as the attachment target part.

また、本発明は、シートバック部とシートクッション部とを備えたシートであって、前記アームレストが、前記シートバック部のサイドフレームにベース部材を取り付けることにより設けられていることを特徴とするシートを提供する。 The present invention is a sheet that includes a seat back portion and the seat cushion portion, the armrest, characterized in that it is provided by mounting the base member to the side frames of the seat back part sheet I provide.

本発明のアームレストは、芯プレートとカバー部材が一体成形され、芯プレートが一部の面を除いてカバー部材で覆われていると共に、芯プレートの回動範囲を規制するストッパ部を備えたベース部材に、芯プレートの基端部を対面配置している。 Based armrest of the present invention is shaped core plate and the cover member are integrated, as well as the core plate is covered with a cover member except for a part of the surface, with a stopper portion for restricting the range of rotation of the core plate to the member, we have face-to-face position the proximal end portion of the core plate. 従って、アームレストの通常使用位置及び跳ね上げ位置のいずれにおいても、ストッパ部と芯プレートとの接触は、カバー部材で被覆された範囲で行われることになるため、衣服や手指が、両者間で挟みこまれるようなことがない。 Thus, in any of the normal use position and the flip-up position of the armrest, the contact between the stopper portion and the core plate, because it would be done in a range that is covered by the cover member, a clothing or fingers, sandwiched therebetween there is no thing such as frame. また、通常使用位置及び跳ね上げ位置のいずれにおいても一対のストッパ部の両方に芯プレートが当接し、両方のストッパ部により荷重が分散負担される構造であるため、上記した従来の跳ね上げ式のアームレストのように、荷重を支持するステイのような部材が不要であり、簡易な構造で部品点数が少なく軽量化に資すると共に、より低コストで製造可能である。 In any of the normal use position and the flip-up position the core plate comes into contact with both of the pair of stopper portions, since the load is a structure that is dispersed borne by both of the stopper portion, prior to the above flip-up As the armrest is unnecessary members such as stays for supporting a load, the number of parts can contribute to reduced weight with a simple structure and can be manufactured at lower cost.

また、アームレストを可動する際のロックの解除にあたって、解除ノブだけでなくダミーカバーを備えたロック機構を採用することで、乗客がロック解除する手段を容易には発見できなくなり、離着陸時における不用意な可動の防止に役立つ。 Moreover, upon release of the lock when moving the armrest, and by employing a locking mechanism having a dummy cover not only the release knob, can no longer be readily discovered means passengers unlock and unintentionally at the time of takeoff and landing It helps in the prevention of such moving.

図1は、本発明の一の実施形態に係るアームレストを備えたシートの要部を正面側から見た斜視図である。 Figure 1 is a perspective view of the essential portion of the sheet with the armrest according to one embodiment of the present invention from the front side. 図2(a)は、上記実施形態のアームレストの分解斜視図であり、図2(b)は、ディスク挿通孔の位置を示した図であり、図2(c)はロック機構を構成するロックシャフトとダミーカバーを組み付けた状態を示した図である。 2 (a) is an exploded perspective view of the armrest of the above embodiment, FIG. 2 (b) is a diagram showing the position of the disc insertion hole, FIG. 2 (c) lock constituting the lock mechanism It is a diagram showing a state of assembling the shaft and the dummy cover. 図3は、上記実施形態に係るアームレストの平面図である。 3 is a plan view of the armrest according to the embodiment. 図4(a)は、上記実施形態に係るアームレストの芯プレートのとカバー部材とを分離して示した図であり、図4(b)は芯プレートとカバー部材とを一体成形した状態を示した図である。 Figure 4 (a) is a view shown by separating a core plate of the cover member of the armrest according to the embodiment, FIG. 4 (b) shows a state in which integrally formed with a core plate and a cover member was is a diagram. 図5(a)は、ロックシャフト及びダミーカバーが挿入された状態のアームレストの側面図であり、図5(b)は図5(a)のB-B線断面図であり、図5(c)は図5(b)のD部拡大図である。 5 (a) is a side view of the armrest of a state in which the lock shaft and the dummy cover is inserted, FIG. 5 (b) is a sectional view taken along line B-B in FIG. 5 (a), Fig. 5 (c ) is a D part enlarged view of FIG. 5 (b). 図6(a)は、ロックシャフト及びダミーカバーを引き出した状態のアームレストの側面図であり、図6(b)は図6(a)のA-A線断面図であり、図6(c)は図6(b)のC部拡大図である。 Figure 6 (a) is a side view of the armrest in the state of pulling the lock shaft and the dummy cover, Fig. 6 (b) is an A-A line sectional view of FIG. 6 (a), Fig. 6 (c) is a C part enlarged view of FIG. 6 (b). 図7は、上記実施形態に係るアームレストを備えた航空機用のシートを示した図である。 Figure 7 is a view showing a seat for an aircraft comprising a armrest according to the embodiment. 図8は、アームレストをシートバック部のサイドフレームに取り付ける状態を示した分解斜視図である。 Figure 8 is an exploded perspective view showing a state of attaching the armrest to the side frame of the seat back portion. 図9(a)~(e)は、通常使用位置から跳ね上げ位置までアームレストを動作させる方法を説明するための図である。 Figure 9 (a) ~ (e) are diagrams for explaining a method of operating the armrest until the flip-up position from the normal use position. 図10(a)は、解除ノブを正面から見た際における、ロックスプリングがロックシャフトに係合している状態を示した図であり、図10(b)は、解除ノブを正面から見た際における、解除ノブを回転させてロックスプリングのロックシャフトへの係合を解除した状態を示した図である。 10 (a) is definitive when viewing the release knob from the front, is a view showing a state in which the lock spring is engaged with the lock shaft, FIG. 10 (b), we saw the release knob from the front definitive when is a diagram showing a state of releasing the engagement of the lock shaft of the lock spring to rotate the release knob. 図11(a)は、ダミーカバーを裏側から見た際における、ロックスプリングがロックシャフトに係合している状態を示した図であり、図11(b)は、ダミーカバーを裏側から見た際における、解除ノブを回転させてロックスプリングのロックシャフトへの係合を解除した状態を示した図である。 11 (a) is definitive when viewing the dummy cover from the back side, is a view showing a state where the lock spring is engaged with the lock shaft, FIG. 11 (b), I saw the dummy cover from the back definitive when is a diagram showing a state of releasing the engagement of the lock shaft of the lock spring to rotate the release knob. 図12(a)は、通常使用位置における芯プレートとベース部材のストッパ部等との位置関係を示した図であり、図12(b)は、跳ね上げ位置における芯プレートの位置関係を示した図であり、図12(c)は、通常使用位置におけるロック用シャフト受け部、第1ロック用シャフト挿通部及びロックシャフトの位置関係を示した図であり、図12(d)は、跳ね上げ位置におけるロック用シャフト受け部、第1ロック用シャフト挿通部及びロックシャフトの位置関係を示した図である。 Figure 12 (a) is a view showing the positional relationship between the stopper portion and the like of the core plate and the base member in a normal use position, Fig. 12 (b), showing the positional relationship between the core plate at the flip-up position is a view, Fig. 12 (c), the shaft receiving portion for the lock in the normal use position is a diagram showing the positional relationship between the first locking shaft insertion portion and the locking shaft, and FIG. 12 (d), the flip-up shaft receiving portion for locking in position, is a diagram showing the positional relationship between the first locking shaft insertion portion and the locking shaft. 図13(a)は、サイドフレームにベース部材と取り付けた状態での通常使用位置における芯プレートとベース部材のストッパ部等との位置関係を示した図であり、図12(b)は、サイドフレームにベース部材と取り付けた状態での跳ね上げ位置における芯プレートとベース部材のストッパ部等との位置関係を示した図である。 Figure 13 (a) is a view showing the positional relationship between the stopper portion and the like of the core plate and the base member in a normal use position in a state of mounting the base member to the side frames, Fig. 12 (b), the side is a diagram showing the positional relationship between the stopper portion and the like of the core plate and the base member at the flip-up position in a state in which the mounting base member to the frame. 図14(a)は、通常使用位置における芯プレートと支持ディスクの位置関係を示した図であり、図14(b)は、跳ね上げ位置における芯プレートと支持ディスクの位置関係を示した図である。 Figure 14 (a) is a view showing the positional relationship between the core plate and the support disc in the normal use position, Fig. 14 (b) is a diagram showing the positional relationship between the core plate and the support disc in the flip-up position It is there.

以下、図面に示した実施形態に基づき、本発明をさらに詳細に説明する。 Hereinafter, on the basis of the embodiment shown in the drawings, the present invention will be described in more detail. 図1は、シート(航空機の客室用座席)100のシートバック部110の側部に本発明の一の実施形態に係るアームレスト1を設けた状態を示した図である。 Figure 1 is a view showing a state in which the armrest 1 is provided according to an embodiment of the present invention on the side of the seat back 110 of the seat (rooms seat of the aircraft) 100.

アームレスト1は、図2~図6に示したように、ベース部材10、芯プレート20、カバー部材30、支持ディスク40、ロック機構50等を有して構成される。 Armrest 1, as shown in FIGS. 2-6, the base member 10, the core plate 20, the cover member 30, the supporting disc 40, configured with a locking mechanism 50 and the like. ベース部材10は、取付対象部であるシートバック部110の側部(サイドフレーム111)の所定位置に裏面を重ね合わせ、ねじ止め等により固定される(図7及び図8参照)。 The base member 10 is superposed the back to a predetermined position of a side portion of the seat back portion 110 is attached target portion (side frame 111), is fixed by screws or the like (see FIGS. 7 and 8). ベース部材10は、該ベース部材10の中心付近に、該ベース部材10の表面から突出するように中空の軸部(以下、「中空軸部」)10aが設けられている。 The base member 10 is near the center of the base member 10, a hollow shaft portion so as to protrude from a surface of the base member 10 (hereinafter, "the hollow shaft portion") is provided with 10a. また、この中空軸部10aを挟んだ対称位置に、該ベース部材10の表面から突出する突起からなるストッパ部10b,10cが2個一対設けられている。 Also, the hollow shaft portion 10a to sandwich symmetric positions, the base member 10 a stopper portion 10b made of a protrusion projecting from the surface of, 10c are provided two pairs.

芯プレート20は、図2(a)、図3及び図4(a)に示したように、長尺に形成され、長手方向の一端側の基端部21に厚み方向に貫通する軸挿通孔21aが形成され、この軸挿通孔21aに上記中空軸部10aが挿通されることにより、該中空軸部10aを中心として回動可能となっている。 Core plate 20, FIGS. 2 (a), as shown in FIG. 3 and FIG. 4 (a), is formed in an elongated, shaft insertion hole penetrating in the thickness direction to the longitudinal direction of the one end side of the base end portion 21 21a is formed by the hollow shaft portion 10a is inserted into the shaft insertion hole 21a, and are rotatable around the hollow shaft portion 10a. 基端部21は、通常使用位置(図12(a),図13(a),図14(a)の位置)から跳ね上げ位置(図12(b),図13(b),図14(b)の位置)まで、上記した一対のストッパ部10b,10c間に位置して回動できるような幅(通常使用位置において上側となる上端縁211から下側となる下端縁212までの長さ)で形成される。 Proximal end 21, typically use position (FIGS. 12 (a), FIG. 13 (a), the position of FIG. 14 (a)) and flip-up from the position (Fig. 12 (b), FIG. 13 (b), 14 ( the position of b)) until the length of the upper edge 211 of the upper side in the width (normal use position as can pivot located between the pair of stopper portions 10b, 10c as described above to the lower edge 212 of the lower ) are formed by. また、基端部21の後端縁側は幅が狭くなっており、上端縁211側と下端縁212側に段差部211a,212aが形成されている。 Also, the rear end edge of the base end portion 21 width is narrower, upper edge 211 side and the lower edge 212 side to the stepped portion 211a, 212a are formed. 基端部21の前方側に隣接する部位は、基端部21の幅よりも幅広の幅広部211b,212bが設けられている。 Site adjacent to the front side of the base end portion 21, the wide of the wide portions 211b, 212b are provided than the width of the base end portion 21.

これにより、通常使用位置では、上端縁211のうち、軸挿通孔21aよりも後方寄りの段差部211aが一方のストッパ部10bに当接し、下端縁212のうち、軸挿通孔21aよりも前方寄りの幅広部212bが他方のストッパ部10cに当接して、2つのストッパ部10b,10cに荷重が分散され、芯プレート20は通常使用位置において略水平姿勢で安定的に支持される。 Thus, in the normal use position, of the upper edge 211 abuts the stepped portion 211a of the rearward within one of the stopper portion 10b than the shaft insertion hole 21a, of the lower edge 212, frontward than the shaft insertion hole 21a wide portion 212b comes into contact with the other stopper portion 10c of the two stopper portions 10b, the load is dispersed to 10c, the core plate 20 is supported stably in a substantially horizontal position in the normal use position. 跳ね上げ位置では、上端縁211のうち、軸挿通孔21aよりも前方寄りの幅広部211bが一方のストッパ部10bに当接し、下端縁212のうち、軸挿通孔21aよりも後方寄りの段差部212aが他方のストッパ部10cに当接して、2つのストッパ部10b,10cに荷重が分散され、芯プレート20は跳ね上げ位置において略垂直姿勢(シートバック部110の側部に沿った姿勢)で安定的に支持される。 In the flip-up position, out of the upper edge 211 abuts on one of the stopper portion 10b is wide portion 211b of the frontward than the shaft insertion hole 21a, of the lower edge 212, the stepped portion of the rearward than the shaft insertion hole 21a 212a comes into contact with the other stopper portion 10c, 2 two stopper portions 10b, 10c load is distributed, in a substantially vertical position in the flip-up the core plate 20 position (orientation along the sides of the seat back part 110) it is stably supported.

なお、本実施形態では、芯プレート20の基端部21の範囲を含む、長手方向略中央部から後端縁までの範囲において、補強プレート25が重ね合わせられ、2枚重ねとなっている。 In the present embodiment, includes a range of proximal end 21 of the core plate 20, in a range from substantially longitudinal central portion to the trailing edge, the reinforcing plate 25 is superposed, it has a two-ply.

カバー部材30は、合成樹脂製で、芯プレート20(補強プレート25を含む)と一体成形される。 The cover member 30 is made of synthetic resin and is integrally molded to a core plate 20 (including the reinforcement plate 25). 具体的には、図4に示したように、芯プレート20を被覆するプレート被覆部31を有している。 Specifically, as shown in Figure 4, it has a plate covering part 31 for covering the core plate 20. プレート被覆部31は、芯プレート20の外形よりも一回り大きな形状で形成されている。 Plate cover portion 31 is formed in a shape larger than the outer shape slightly on the core plate 20. プレート被覆部31の周縁には、該プレート被覆部31の両側に外方に張り出す突出片32を有しており、断面略I字状に形成されている。 The peripheral edge of the plate cover 31 has a projection piece 32 projecting outward on both sides of the plate cover section 31, and is formed in cross-section substantially I-shaped.

カバー部材30のプレート被覆部31は、図2(a)及び図4(a)に示したように、芯プレート20の外面側については全ての面を被覆するが、内面側である、基端部21におけるベース部材10の表面との対向面(本実施形態では、補強プレート25の対向面)21bは、回動時においてベース部材10の表面と摺接するため、合成樹脂では被覆されていない露出面となっている(図4(b),図5(b),(図6(b)参照)。また、プレート被覆部31は、基端部21の外面(対向面21bの反対面)には密着せずに隙間を有するように成形されており、カバー部材30の後端面には、この隙間に連通する位置に縦長のディスク挿通孔31aが開口形成されている(図2(b),図4(b)参照)。 Plate cover portion 31 of the cover member 30, as shown in FIGS. 2 (a) and 4 (a), although the outer surface of the core plate 20 covers all of the surface is the inner surface side, a proximal end the exposed surface facing the surface of the base member 10 in the section 21 (in this embodiment, the opposing surfaces of the reinforcing plate 25) 21b, since the sliding contact with the surface of the base member 10 during rotation, the uncoated synthetic resin and has a surface (Fig. 4 (b), Fig. 5 (b), (see Fig. 6 (b)). Furthermore, the plate cover 31, the outer surface of the proximal portion 21 (opposite side of the opposed surface 21b) is shaped so as to have a gap without close contact, the rear end surface of the cover member 30, elongated disc insertion hole 31a is opened formed at a position communicating with the clearance (Fig. 2 (b), see FIG. 4 (b)).

また、プレート被覆部31は、芯プレート20の回動中心に対応する位置に、中空軸部10aの中空部に嵌合されるボルト11が挿通される貫通孔31bが形成され、さらに、プレート被覆部31の外面には、後述のロック機構50を構成するロックスプリング52や解除ノブ53を支持するスプリング支持突起36及びシャフトガイド37がほぼ横方向に隣接して成形されている(図4参照)。 Also, the plate cover 31, at a position corresponding to the rotation center of the core plate 20, through holes 31b for bolts 11 to be fitted into the hollow portion of the hollow shaft portion 10a is inserted is formed, and further, the plate covered The outer surface of the part 31 is molded with the spring support projection 36 and the shaft guides 37 for supporting the lock spring 52 and release knob 53 which constitutes a lock mechanism 50 described later is adjacent a substantially laterally (see Figure 4) .

カバー部材30には、上記のように、プレート被覆部31の周縁に沿って外方に張り出す突出片32が形成されているが、これにより、解除ノブ53やダミーカバー54を含むロック機構50が、プレート被覆部31の外面に沿って設けられ、アームレスト1を平面から見た際に、突出片32の側縁32aよりも内方に位置する(図1,図2(a)参照)。 The cover member 30, as described above, although the projecting piece 32 projecting outward along the periphery of the plate cover 31 is formed, whereby the locking mechanism includes a release knob 53 and the dummy cover 54 50 but is provided along the outer surface of the plate cover section 31, when viewing the armrest 1 from the plane, is located inward from the side edges 32a of the protruding piece 32 (Fig. 1, see FIG. 2 (a)). カバー部材30をこのような構成とすることで、通路に位置する客室乗務員によるロック機構50の操作の容易性を確保しつつ、当該席に着席している乗客からはロック機構50を見つけにくくすることができ、さらには、後述のように、解除ノブ53を操作した後にダミーカバー54の引き抜き操作を行わなければアームレスト1が回動しない構造であるため、離着陸時等における乗客による誤操作を防止する効果が高い。 The cover member 30 By this configuration, while securing the ease of manipulation of the lock mechanism 50 by the cabin crew located in the passage, it is difficult to find the lock mechanism 50 from a passenger seated on the seat It can, furthermore, as described later, the armrest 1 Without the pulling operation of the dummy cover 54 because it is a structure that does not rotate, and to prevent an erroneous operation by a passenger at the landing or the like after operating the release knob 53 effect is high.

支持ディスク40は、図2(a)に示したように、四角形に近い板状体からなり、ほぼ中央にボルト11を挿通するためのボルト挿通孔40aが形成されていると共に、該ボルト挿通孔40aを挟んだ対称位置であって、ベース部材10のストッパ部10b,10cに対応する部位にストッパ部挿通孔40b,40cが貫通形成されている。 Support disk 40, as shown in FIG. 2 (a), a plate-like body near the square, along with formed a bolt insertion hole 40a for inserting the bolt 11 substantially at the center, the bolt insertion hole 40a A symmetrical positions sandwiching the stopper portion insertion hole 40b, 40c are formed through the portion corresponding to the stopper portion 10b, 10c of the base member 10. 支持ディスク40は、芯プレート20に一体成形されるカバー部材30の後端面に開口形成した上記のディスク挿通孔31aから挿通され、基端部21の外面に積層した状態で、カバー部材30のプレート被覆部31の外面側から貫通孔31bを介してボルト11を中空軸部10aの中空部に挿通することにより固定される。 Support disk 40 is in a state of being inserted from above the disc insertion hole 31a which opens formed on the rear end surface of the cover member 30 which is integrally molded on the core plate 20, and laminated to the outer surface of the proximal portion 21, the plate of the cover member 30 and it is fixed by inserting the bolt 11 through the through hole 31b from the outer surface side of the cover portion 31 in the hollow portion of the hollow shaft portion 10a. これにより、ボルト11が中空軸部10aの中空部に挿通されると共に、ストッパ部10b,10cの先端がストッパ部挿通孔40b,40cにそれぞれ挿通されるため、図5及び図6に示したように、芯プレート20は、基端部21がベース部材10と支持ディスク40との間に挟まれることにより両持ち支持となり、支持ディスク40を設けない場合よりも大きな荷重を負担することができる。 Thereby, the bolt 11 is inserted into the hollow portion of the hollow shaft portion 10a, the stopper portion 10b, the tip of the 10c is inserted stopper insertion hole 40b, the 40c, respectively, as shown in FIGS. 5 and 6 , the core plate 20, the base end portion 21 becomes supported at both ends by being sandwiched between the base member 10 and the supporting disk 40, it is possible to bear a greater load than the case without the support disk 40. なお、カバー部材30の後端面には、後端面カバー34が装着され、ディスク挿通孔31aは目隠しされる(図2(a)参照)。 Note that the rear end surface of the cover member 30, rear-side cover 34 is mounted, the disk insertion hole 31a is blind (see Fig. 2 (a)).

ロック機構50は、ロックシャフト51、ロックスプリング52、解除ノブ53及びダミーカバー54を有して構成される。 Locking mechanism 50, lock shaft 51, the lock spring 52 constituted by a release knob 53 and the dummy cover 54. ロックシャフト51は、後端部51aがダミーカバー54によって支持されている(図5(b),図6(b)参照)。 The lock shaft 51, the rear end portion 51a is supported by a dummy cover 54 (see FIG. 5 (b), Fig. 6 (b)). ロックシャフト51は、断面角形、本実施形態では断面四角形に形成され、芯プレート20に形成されたロック用シャフト受け部26に外面が当接することにより、芯プレート20が回動できないようにロックする。 The lock shaft 51, square cross section, in the present embodiment is formed in a rectangular cross section, is the outer surface on the locking shaft receiving portion 26 formed in the core plate 20 by abutting the core plate 20 is locked so as not to rotate .

ここで、本実施形態では、ロック用シャフト受け部26は、図4(a)に示したように、基端部21の下端縁212のうち、段差部212aと幅広部212bとの間において、略逆V字状に切り欠かれた切り欠き溝から構成される。 In the present embodiment, the locking shaft receiving portion 26, as shown in FIG. 4 (a), of the lower edge 212 of the base portion 21, between the step portion 212a and a wide section 212b, substantially inverted V-shape in the notched cutout consists of groove. そして、ベース部材10及び支持ディスク40には、図12(a),図13(a)及び図14(a)に示したように、芯プレート20が通常使用位置の姿勢(略水平姿勢)の際のロック用シャフト受け部26の位置に対応する部位に、第1ロック用シャフト挿通部12,42がそれぞれ形成されている。 Then, the base member 10 and the support disk 40, FIG. 12 (a), as shown in FIG. 13 (a) and FIG. 14 (a), the core plate 20 is in the normal use position and orientation of the (substantially horizontal position) the portion corresponding to the position of the locking shaft receiving portion 26 of the case, the first lock shaft insertion portion 12, 42 are formed. また、図12(b),図13(b)及び図14(b)に示したように、芯プレート20が跳ね上げ位置の姿勢(略垂直姿勢)の際のロック用シャフト受け部26の位置に対応する部位に、第2ロック用シャフト挿通部13,43がそれぞれ形成されている。 Also, Figure 12 (b), as shown in FIG. 13 (b) and FIG. 14 (b), the position of the locking shaft receiving portions 26 when the attitude of the core plate 20 is flipped up position (a substantially vertical posture) in the region corresponding, second lock shaft insertion portion 13 and 43 are respectively formed. 第1ロック用シャフト挿通部12,42及び第2ロック用シャフト挿通部13,43は、いずれも、ロックシャフト51の断面形状に合致するように略四角形の孔に形成されているが、いずれの位置においても、略四角形の孔のうちの隣り合う一辺同士が略逆V字状の切り欠き溝からなるロック用シャフト受け部26の後側傾斜面26aと前側傾斜面26bとほぼ合致するような向きで形成される(図12(c),(d)参照)。 The first lock shaft insertion portion 12, 42 and the second lock shaft insertion portion 13 and 43 are both, it is formed in the pores of the substantially square to conform to the cross-sectional shape of the lock shaft 51, any In the position, such as one side adjacent to each other of the substantially rectangular hole matches almost side inclined surface 26a and the front inclined surface 26b after the locking shaft receiving portion 26 made of cutout groove of substantially inverted V-shaped formed by the orientation (Fig. 12 (c), (d) reference).

それにより、通常使用位置において、第1ロック用シャフト挿通部12,42にロックシャフト51を挿通すると、断面略四角形のロックシャフト51は外面が水平に対して斜めの位置関係となるため、後側傾斜面26aがロックシャフト51の対向する外面に押しつけられ、上方への回動が阻止される(図12(c)参照)。 Thus, in the normal use position, and inserting the lock shaft 51 into the first lock shaft insertion portion 12 and 42, since the lock shaft 51 of approximately rectangular cross section is the outer surface is the diagonal positional relationship with respect to the horizontal, rear the inclined surface 26a is pressed against the opposing outer surface of the lock shaft 51, rotates upward is blocked (see Fig. 12 (c)). 一方、跳ね上げ位置においては、ロックシャフト51は、第2ロック用シャフト挿通部13,43に挿通される。 On the other hand, in the flip-up position, the lock shaft 51 is inserted through the second lock shaft insertion portion 13 and 43. この場合も、断面略四角形のロックシャフト51の外面が水平に対して斜めの位置関係となるため、芯プレート20が跳ね上げ位置から前方に回動しようとしても、前側傾斜面26bがロックシャフト51の対向する外面に押しつけられるため、前方への回動が阻止される(図12(d)参照)。 In this case, since the outer surface of the lock shaft 51 of approximately rectangular cross section is the oblique positional relationship with respect to the horizontal, attempts to rotate forward from the core plate 20 is flipped up position, the front inclined surface 26b is the lock shaft 51 Because of it is pressed against the opposing outer surface, rotation of the front is blocked (see Fig. 12 (d)).

なお、カバー部材30のプレート被覆部31の外面には、図4に示したように、シャフトガイド37が一体成形されている。 Note that the outer surface of the plate cover portion 31 of the cover member 30, as shown in Figure 4, the shaft guide 37 is formed integrally. このシャフトガイド37は、略四角形の中空部37bを有し、この中空部37bが、通常使用位置では、第1ロック用シャフト挿通部12,42に連通し、跳ね上げ位置では、第2ロック用シャフト挿通部13,43に連通する。 The shaft guide 37 has a hollow portion 37b of the substantially rectangular, the hollow portion 37b is, in the normal use position, communicates with a first lock shaft insertion portion 12, 42, the flip-up position, for the second locking It communicated with the shaft insertion portion 13 and 43.

解除ノブ53は、台形の上底と下底を円弧状とした楕円に近い形状で形成されている。 Release knob 53 is formed a trapezoidal upper bottom and the lower bottom in a circular arc shape and to the near elliptical shape. この形状自体は限定されるものではないが、人の手で操作する際にできるだけ容易に操作しやすいように図面に示したような形状が好ましい。 This configuration itself is not limited, the preferred shape shown in the drawings as much as possible easy easy to operate when operating in the hand of man. 解除ノブ53は、中央付近にカバー部材30に形成されたシャフトガイド37が挿通されるシャフトガイド用孔部53aを有する。 Release knob 53 has a shaft guide hole 53a of the shaft guides 37 formed in the cover member 30 in the vicinity of the center is inserted. 解除ノブ53は、図10(a)の位置と図10(b)の位置との間で回転方向に動かされるため、シャフトガイド用孔部53aは、その際に、シャフトガイド37が該シャフトガイド用孔部53a内を相対移動できるように、上下方向に沿って円弧状に若干長い形状に開設されている。 Release knob 53, since it is moved in the rotational direction between the position and 10 position in (b) of FIG. 10 (a), the shaft guide hole 53a is the case, the shaft guide 37 is the shaft guide The inside use hole portion 53a to allow relative movement, are opened slightly elongated in an arc shape along the vertical direction. 図2(a)、図8及び図10に示したように、シャフトガイド用孔部53aの一方側に隣接して、突起用孔部53bが貫通形成されている。 Figure 2 (a), as shown in FIGS. 8 and 10, adjacent to one side of the shaft guide hole 53a, the protrusion hole portion 53b is formed through. この突起用孔部53bには、シャフトガイド37に隣接して形成されたスプリング支持突起36が挿通される。 This is the projection hole portion 53b, the spring supporting protrusion 36 which is formed adjacent to the shaft guide 37 is inserted. また、シャフトガイド用孔部53aの他方側に隣接してスプリング端係合部53cが設けられている。 Also, the spring end engaging portion 53c is provided adjacent to the other side of the shaft guide hole 53a.

解除ノブ53のシャフトガイド用孔部53a及び突起用孔部53bのそれぞれにシャフトガイド37及びスプリング支持突起36を挿通した状態で、ロックスプリング52が配設される。 In a state of inserting the shaft guides 37 and a spring support projection 36 on each of the shaft guide holes 53a and the projections for the hole portion 53b of the release knob 53, the lock spring 52 is disposed. ロックスプリング52は、断面略円形のスプリング支持突起36と断面略四角形のシャフトガイド37の周囲に沿った形状に加工されたバネ材からなる。 Lock spring 52 is made of a spring material that has been processed into a shape along the periphery of the substantially circular section of the spring support projection 36 and the section substantially square shaft guides 37. より具体的には、図10及び図11に示すように、一端部52aを、断面略四角形のシャフトガイド用孔部53aから突出しているシャフトガイド37に係合し、シャフトガイド37の上面側を通過させて突起用孔部53bから突出しているスプリング支持突起36側に延びるように配置し、さらに、中途部52bを該スプリング支持突起36の外周に巻き付くように位置させて折り返し、他端部52cを、シャフトガイド用孔部53aの他方側に設けたスプリング端係合部53cに係合させて配置され、中途部52bを中心として、他端部52cが一端部52aに接近する方向にバネ力が作用する。 More specifically, as shown in FIGS. 10 and 11, one end portion 52a, engaged with the shaft guide 37 which projects from the shaft guide holes 53a of approximately rectangular cross section, the upper face side of the shaft guide 37 by passing through positioned to extend in a spring support protrusion 36 side and protrudes from the protruding hole portion 53b, further, folded intermediate portion 52b to be positioned so wound around the outer periphery of the spring support projection 36, the other end The 52c, are arranged to engage the spring end engaging portion 53c provided on the other side of the shaft guide holes 53a, around the intermediate portion 52b, and a spring in the direction in which the other end portion 52c approaches the end portion 52a force is applied. シャフトガイド37の下面側にはスリット37aが形成されており(図5(b),(c)参照)、中途部52bと他端部52cの間の下側バネ部52dは、該スリット37aを介して、シャフトガイド37の中空部37b内を通過している。 The lower surface of the shaft guide 37 is formed a slit 37a (Fig. 5 (b), (c) refer), the lower spring portion 52d between the intermediate portion 52b and the other end portion 52c is, the slit 37a through, and passes through the inside the hollow portion 37b of the shaft guide 37. 従って、シャフトガイド37の中空部37b内に挿入されるロックシャフト51に下側バネ部52dは接触する。 Therefore, the lower spring portion 52d in the lock shaft 51 to be inserted into the hollow portion 37b of the shaft guide 37 to contact.

ロックシャフト51の下面には、その長さ方向の奥側と先端側とにスプリング係合溝511,512が形成されており、スプリング係合溝511,512に下側バネ部52dが係合すると、ロックシャフト51は、第1ロック用シャフト挿通部12,42及び第2ロック用シャフト挿通部13,43への抜き差しができないようになり、すなわち、芯プレート20のロック用シャフト受け部26にロックシャフト51の外面が当接した状態か又は当接状態が解除された状態が維持される。 On the lower surface of the lock shaft 51, that is spring engaging groove 511 and 512 are formed on the rear side in the longitudinal direction and the tip end side and, when the lower spring portion 52d is engaged with the spring engaging groove 511, 512 , lock shaft 51, a first insertion and removal of the lock shaft insertion portion 12, 42 and the second lock shaft insertion portion 13 and 43 is now not possible, that is, locked to the locking shaft receiving portions 26 of the core plate 20 state in which the outer surface of the shaft 51 abuts a state or contact state is canceled is maintained. 奥側スプリング係合溝511の溝深さは相対的に浅く形成され、先端側スプリング係合溝512はそれよりも深く形成されている。 Groove depth of the inner side spring engaging groove 511 is relatively shallow, the tip side spring engaging groove 512 is formed deeper than that. また、先端側スプリング係合溝512は、図6(c)に示したように、側面視で略直角三角形状に形成され、溝底部よりも奥側スプリング係合溝511寄りの一方の面512aは傾斜面状に形成され、他方の面512bは溝底部からロックシャフト51の外面に向かって略直角に延びるような面に形成されている。 The tip side spring engaging groove 512, as shown in FIG. 6 (c), is formed in a shape substantially right triangular in side view, one surface of the rear-side spring engaging groove 511 closer than the groove bottom 512a is formed on the inclined surface shape, the other surface 512b is formed on a surface to extend substantially at a right angle towards the outer surface of the lock shaft 51 from the groove bottom. このため、下側バネ部52dが先端側スプリング係合溝512に係合した状態で、さらにロックシャフト51を引き抜き方向に動かしても、下側バネ部52dは他方の面512bに当接するため、それ以上引き抜くことはできないが、ロックシャフト51を押し込む方向に動作させた場合には下側バネ部52dは傾斜面状の一方の面512aに沿って相対移動し、先端側スプリング係合溝512から離脱できるようになっている。 Therefore, since the lower spring portion 52d is in a state engaged with the tip side spring engaging groove 512, and be further moved in the direction pulling the lock shaft 51, the lower spring portion 52d abuts on the other surface 512b, it is not possible to pull more, move relative to the lower spring portion 52d along one surface 512a of the inclined surface shape when is operated in a direction to push the lock shaft 51, from the tip side spring engaging groove 512 It is supposed to be able to withdrawal.

ダミーカバー54は、解除ノブ53とほぼ同形状の同じ大きさに形成され、解除ノブ53の表面を被覆するように配設される。 Dummy cover 54 is formed in the same size of substantially the same shape as the release knob 53 is disposed so as to cover the surface of the release knob 53. ダミーカバー54の内面には、ロックシャフト51の後端部51aが固定されており、ダミーカバー54を把持して、ロックシャフト51を、シャフトガイド37の中空部37b、さらには、第1ロック用シャフト挿通部12,42又は第2ロック用シャフト挿通部13,43に挿通したり、抜き出したりする。 The inner surface of the dummy cover 54, which is the rear end 51a of the lock shaft 51 is fixed by holding the dummy cover 54, the lock shaft 51, the hollow portion 37b of the shaft guide 37, and further, for the first locking or inserted into the shaft insertion portion 12, 42 or the second locking shaft insertion portion 13 and 43, I or withdrawn. 但し、ダミーカバー54を押し込んだ状態でも、解除ノブ53は単独で回転方向に操作できるように、ダミーカバー54自体が解除ノブ53を押しつけないように設けられる。 However, even when pushed to the dummy cover 54, release knob 53 to be operated solely by the direction of rotation, is provided as a dummy cover 54 itself does not presses the release knob 53.

次に、本実施形態のアームレスト1の作用を説明する。 Then, we will explain the effect of the armrest 1 of the present embodiment. まず、図7及び図9(a)に示すように、通常使用位置にアームレスト1が設定されているとする。 First, as shown in FIGS. 7 and FIG. 9 (a), the armrest 1 is assumed to be set in the normal use position. この状態では、図12(a),図13(a)及び図14(a)に示したように、芯プレート20の上端縁211のうち段差部211aが一方のストッパ部10bに当接し、下端縁212のうち幅広部212bが他方のストッパ部10cに当接している。 In this state, FIG. 12 (a), as shown in FIG. 13 (a) and Figure 14 (a), in contact with the stepped portion 211a is one of the stopper portion 10b of the upper edge 211 of the core plate 20, the lower end the wide portion 212b of the rim 212 is in contact with the other stopper portion 10c. 従って、アームレスト1にかかる荷重は、2つのストッパ部10b,10cに分散支持される。 Therefore, load applied to the armrest 1, the two stopper portions 10b, are dispersed supported 10c. ダミーカバー54は、図5に示したように、差し込まれた状態であり、ロックシャフト51は、シャフトガイド37の中空部37bから、支持ディスク40の第1ロック用シャフト挿通部42に挿通され、その先端は、ベース部材10の第1ロック用シャフト挿通部12に挿通されている。 Dummy cover 54, as shown in Figure 5, a state of being inserted, the lock shaft 51, the hollow portion 37b of the shaft guide 37 is inserted into the first lock shaft insertion portion 42 of the support disk 40, its tip is inserted into the first lock shaft insertion portion 12 of the base member 10. また、ロックシャフト51のうち、支持ディスク40の第1ロック用シャフト挿通部42とベース部材10の第1ロック用シャフト挿通部12との間に位置する部位は、芯プレート20のロック用シャフト受け部26に当接している。 Also, of the lock shaft 51, the portion located between the first locking shaft insertion portion 12 of the first lock shaft insertion portion 42 and the base member 10 of the support disk 40 receives the lock shaft of the core plate 20 We're in contact with the part 26. この状態では、ロックスプリング52の下側バネ部52dがロックシャフト51の下面に形成された奥側スプリング係合溝511に係合しており、引き抜けないようになっている。 In this state, it engages the rear side spring engaging groove 511 of the lower spring portion 52d is formed on the lower surface of the lock shaft 51 of the lock spring 52, so as not withdrawn. また、この状態でアームレスト1を上方に回動させようとすると、ロック用シャフト受け部26の後側傾斜面26aがロックシャフト51の対向する外面に押しつけられ、上方への回動が阻止される(図12(c)参照)。 Also, an attempt to pivot the armrest 1 upward in this state, it is pressed against the outer surface side inclined surface 26a is opposed to the lock shaft 51 after the locking shaft receiving portion 26, the rotation of upward is blocked (see Fig. 12 (c)).

通常使用位置からアームレスト1を跳ね上げる場合は次のように操作する。 If the normal use position splashing the armrest 1 is operated as follows. まず、図9(b)及び図10(b)に示したように、ダミーカバー54に覆われた状態の解除ノブ53のみを図の右方向(図10(b)の破線位置から実線位置の方向)に回転させる。 First, as shown in FIG. 9 (b) and Figure 10 (b), only the release knob 53 in a state covered with the dummy cover 54 from the broken line position in the right direction in FIG. (FIG. 10 (b) of the solid-line position It is rotated in the direction). それにより、解除ノブ53は、スプリング支持突起36を中心として回転し、スプリング端係合部53cが右方向に回転するため、該スプリング端係合部53cに係合されているロックスプリング52の他端部52cが下方向に拡開し、下側バネ部52dがロックシャフト51の奥側スプリング係合溝511から離脱する(図10(b)の実線で示した状態及び図11(b)の状態)。 Thus, release knob 53 is rotated about the spring support projection 36, since the spring end engaging portion 53c is rotated in the right direction, the other of the lock spring 52 being engaged to the spring end engaging portion 53c end portion 52c is expanded downward, the lower spring portion 52d is disengaged from the rear-side spring engaging groove 511 of the lock shaft 51 (state shown by solid line in FIG. 10 (b) and Figure 11 (b) state). これにより、ロックシャフト51とロックスプリング52との係合が解除される。 Thus, the engagement of the locking shaft 51 and the lock spring 52 is released. この状態では、ダミーカバー54を正面から見ると、ダミーカバー54に対して、解除ノブ53が右回転方向に位置ずれしている(図9(b)参照)。 In this state, looking at the dummy cover 54 from the front, the dummy cover 54, release knob 53 is misaligned in the clockwise direction (see Fig. 9 (b)).

次に、図9(c)に示したように、ダミーカバー54を把持して外方に引き出していく。 Next, as shown in FIG. 9 (c), we will pull out outwardly by holding the dummy cover 54. ロックスプリング52の他端部52cは、拡開状態では常に一端部52aに接近するように、すなわち、閉じる方向にバネ力が作用しているため、ロックシャフト51を引き出し、奥側スプリング係合溝511よりも深い溝で形成された先端側スプリング係合溝512の位置に至ると、図6(b),(c)に示したように、下側バネ部52dが該先端側スプリング係合溝512に嵌り込む。 The other end portion 52c of the lock spring 52 is always as close to the end portion 52a in the expanded state, ie, to close the spring force is acting in the direction, pull the lock shaft 51, rear-side spring engaging groove When reaching the position of the tip side spring engaging groove 512 formed in the deep grooves than 511, FIG. 6 (b), as shown in (c), the lower spring portion 52d is the tip side spring engaging groove I get stuck on 512. ロックシャフト51は先端側スプリング係合溝512に係合した状態でさらに引き抜こうとしても、略直角に立ち上がる他方の面512bに下側バネ部52dが当接するため、それ以上に引き抜くことができなくなると共に、下側バネ部52dが先端側スプリング係合溝512に嵌り込むことで他端部52cが一端部52aに接近しようとし、ロックスプリング52のバネ力により、解除ノブ53は、スプリング支持突起36を中心として図10(b)の左方(図10(b)の実線位置から破線位置)に回転し、原位置に復帰する。 If you try to further pull out while the lock shaft 51 is engaged with the tip side spring engaging groove 512, because the lower spring portion 52d abuts on the other surface 512b rising substantially perpendicular, it can not be withdrawn any more together, to try to approach the other end portion 52c at one end portion 52a by the lower spring portion 52d is fitted to the tip side spring engaging groove 512 by the spring force of the lock spring 52, release knob 53, spring support projection 36 were rotated 10 left (b), the center (the dashed line position from the solid line position in Fig. 10 (b)), and returns to the original position. 従って、この状態では、ダミーカバー54を正面から見ると、ダミーカバー54と解除ノブ53とは回転方向の向きが一致する。 Therefore, in this state, looking at the dummy cover 54 from the front, the direction of the rotational direction matches the dummy cover 54 and the release knob 53.

ロックスプリング52が先端側スプリング係合溝512に係合した段階では、図6(b)に示したように、ロックシャフト51は、ベース部材10の第1ロック用シャフト挿通部12、芯プレート20のロック用シャフト受け部26、及び支持ディスク40の第1ロック用シャフト挿通部42から離脱している。 In the stage of the lock spring 52 is engaged with the tip side spring engaging groove 512, as shown in FIG. 6 (b), the lock shaft 51, the first locking shaft insertion portion 12 of the base member 10, the core plate 20 locking shaft receiving section 26 of, and I have been separated from the first locking shaft insertion portion 42 of the support disk 40. 従って、この状態で、アームレスト1(芯プレート20)は上方への回動が可能になる。 Therefore, in this state, the armrest 1 (core plate 20) allows the pivoting upward.

アームレスト1を上方に回動させていくと、図12(b)に示したように、芯プレート20の上端縁211の前方寄りの幅広部211bが一方のストッパ部10bに当接し、かつ、下端縁212の後方寄りの段差部212aが他方のストッパ部10cに当接するまで動作して停止する。 If the armrest 1 gradually rotates upward, as shown in FIG. 12 (b), forward as the wide portion 211b of the upper edge 211 of the core plate 20 is brought into contact with the one stopper portion 10b, and a lower end It stepped portion 212a of the rearward edge 212 to stop operating until it abuts the other of the stopper portion 10c. 解除ノブ53は、ロックスプリング52を介してシャフトガイド37及びスプリング支持突起36に係合しているため、カバー部材30及び芯プレート20と共に回動する。 Release knob 53 because of the engagement of the shaft guides 37 and spring support projections 36 through the lock spring 52, rotates together with the cover member 30 and the core plate 20. ロックスプリング52を介して解除ノブ53に係合しているロックシャフト51及びダミーカバー54も同様であり、ダミーカバー54及び解除ノブ53は、図9(d)及び図14(a),(b)に示したように、通常使用位置から略90度回転した向きになる。 The same applies to the locking shaft 51 and the dummy cover 54 is engaged with the release knob 53 via the lock spring 52, the dummy cover 54 and the release knob 53, Fig. 9 (d) and FIGS. 14 (a), (b As shown in), so orientation is rotated substantially 90 degrees from the normal use position. 一方、ベース部材10及び支持ディスク40は回動せずに固定されている。 Meanwhile, the base member 10 and the support disk 40 is fixed without rotation.
従って、跳ね上げ位置においては、芯プレート20のロック用シャフト受け部26は、第2ロック用シャフト挿通部13,43に対応する連通位置となり、さらにロックシャフト51がそれらの延長線上に位置することになる。 Therefore, in the flip-up position, the locking shaft receiving portions 26 of the core plate 20 to the communicated position corresponding to the second lock shaft insertion portion 13 and 43, a further lock shaft 51 is located on their extension line to become. 次いで、図9(d)の状態から図9(e)の状態になるように、ダミーカバー54を押すと、ロックシャフト51の先端側スプリング係合溝512の一方の面512aが傾斜面状であるため、該一方の面512aに沿って下側バネ部52dが相対移動して離脱し、ロックシャフト51が押し込まれていく。 Then, so as to be in the state of FIG. 9 (d) to the state shown in FIG. 9 (e), and press the dummy cover 54, one surface 512a of the tip side spring engaging groove 512 of the lock shaft 51 is inclined planar with some reason, the lower spring portion 52d are disengaged by relative movement along the one surface 512a the lock shaft 51 is gradually pushed.

それにより、ロックシャフト51は、図14(b)に示したように、支持ディスク40の第2ロック用シャフト挿通部43に挿通され、芯プレート20のロック用シャフト受け部26に係合し、さらにベース部材10の第2ロック用シャフト挿通部13に挿通される。 Thereby, the lock shaft 51, as shown in FIG. 14 (b), is inserted into the second lock shaft insertion portion 43 of the support disk 40 engages the locking shaft receiving portions 26 of the core plate 20, and it is further inserted into the second lock shaft insertion portion 13 of the base member 10. これにより、アームレスト1を前方に回動させる力が不用意に加わっても、ロック用シャフト受け部26の前側傾斜面26bがロックシャフト51の対向する外面に押しつけられ、前方への回動が阻止され、アームレスト1は跳ね上げ位置で保持される(図12(d)参照)。 Thereby, even if the armrest 1 joined inadvertently force to rotate forward, the front inclined surface 26b of the locking shaft receiving portion 26 is pressed against the opposing outer surface of the lock shaft 51, rotating in the forward blocking is, armrest 1 is held in the flip-up position (see Fig. 12 (d)). また、跳ね上げ位置においても、芯プレート20が一方のストッパ部10b及び他方のストッパ部10cに当接した状態で保持されるため、跳ね上げ位置においてアームレスト1にかかる荷重も、2つのストッパ部10b,10cにより分散支持される。 Furthermore, in the flip-up position, the core plate 20 is held at one of the stopper portion 10b and the other in a state of contact with the stopper portion 10c, even load on the armrest 1 in the flip-up position, the two stopper portions 10b and dispersed supported by 10c.

上記したように、芯プレート20は、ベース部材10との対向面を除いてカバー部材30によって一体成形により被覆されている。 As described above, the core plate 20 is covered by integral molding by the cover member 30 except the facing surfaces of the base member 10. また、プレート被覆部31の周縁に沿って外方に張り出す突出片32が設けられているが、この突出片32は、図3に示したように、芯プレート20の基端部21付近において、アームレスト1を通常姿勢位置で上面から見た際に、ベース部材10の上面及び下面の少なくとも一部を被覆するまで張り出されている。 Also, although the projecting piece 32 projecting outwardly along the periphery of the plate cover portion 31 is provided, the protruding piece 32, as shown in Figure 3, in the vicinity of the proximal end portion 21 of the core plate 20 , when viewed from above the armrest 1 in the normal posture position, and is flared until covering at least a portion of the upper surface and the lower surface of the base member 10. そのため、操作者の衣服や手指がそれらの隙間に入り込むことが防止される。 Therefore, operator's clothing or fingers are prevented from entering their gaps. また、通常使用位置及び跳ね上げ位置のいずれにおいても、ベース部材10に設けられた2つのストッパ部10b,10cによって荷重を負担する構成であるため、カバー部材30の外方に飛び出した部品がなく、その意味でも、衣服や手指の挟み込み防止効果が高い。 In any of the normal use position and the flip-up position, the two stopper portions 10b provided on the base member 10, since a bear constitute a load by 10c, no parts jumped to the outside of the cover member 30 , In this sense, there is a high anti-pinch effect of clothing or fingers. また、カバー部材30により被覆された内部に荷重を受ける部材や回動させるための機構を配置した構成であり、従来のように荷重を受けるための別途のステイなどが不要であるため、部品点数が少なく、さらに、それらを配置することにより別途必要となる衣服や手指の挟み込み防止機構を設ける必要もないため、構造が簡易で軽量化が図られ、製造コストの低減に資する。 Also, a configuration of arranging a mechanism for causing the member or rotating receives the load inside it is covered by the cover member 30, since such additional stays for receiving a load as in the prior art is unnecessary, the number of parts The less, furthermore, since there is no need to provide a catch prevention mechanism of clothing or fingers to be separately required by placing them in structure weight reduction is achieved by simple, which contributes to reduction of manufacturing cost.

上記した説明では、航空機における乗客用のシートに適用しているが、これに限らず、列車、船舶、バスなど種々の乗物用シートにおけるアームレストとして適用可能であることはもちろんである。 In the description given above, it has been applied to a seat for a passenger in an aircraft, it is not limited thereto, trains, ships, it is applicable as an arm rest in the seat for various vehicles such as a bus, of course.

1 アームレスト 10 ベース部材 10a 中空軸部 10b,10c ストッパ部 12 第1ロック用シャフト挿通部 13 第2ロック用シャフト挿通部 20 芯プレート 21 基端部 30 カバー部材 31 プレート被覆部 32 突出片 36 スプリング支持突起 37 シャフトガイド 40 支持ディスク 40a ボルト挿通孔 42 第1ロック用シャフト挿通部 43 第2ロック用シャフト挿通部 50 ロック機構 51 ロックシャフト 52 ロックスプリング 53 解除ノブ 54 ダミーカバー 100 シート 110 シートバック部 111 サイドフレーム 1 armrest 10 base member 10a hollow shaft portion 10b, 10c stopper portion 12 and the second locking shaft insertion portion first locking shaft insertion portion 13 20 core plate 21 proximal end 30 cover member 31 plate covering portion 32 projecting piece 36 spring support protrusion 37 shaft guide 40 support disk 40a bolt insertion hole 42 first locking shaft insertion portion 43 the second locking shaft insertion portion 50 locking mechanism 51 lock shaft 52 lock spring 53 release knob 54 dummy cover 100 sheet 110 seat back portion 111 side frame

Citas de patentes
Patente citada Fecha de presentación Fecha de publicación Solicitante Título
JP2001321243A * Título no disponible
JP2010035862A * Título no disponible
JP2011042311A * Título no disponible
Citada por
Patente citante Fecha de presentación Fecha de publicación Solicitante Título
CN105342195A *25 Nov 201524 Feb 2016鹤山市康美家具卫浴有限公司Armrest overturning device
EP3143904A1 *19 Sep 201622 Mar 2017Stryker CorporationPatient support apparatus
Clasificaciones
Clasificación internacionalB60N2/75, A47C7/54, B61D37/00, B64D11/06
Clasificación cooperativaY02T50/46, B61D33/0007, B64D11/0646, B60N2/4606, A47C7/543
Eventos legales
FechaCódigoEventoDescripción
20 Feb 2013121Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application
Ref document number: 12802741
Country of ref document: EP
Kind code of ref document: A1
18 Dic 2013NENPNon-entry into the national phase in:
Ref country code: DE
16 Jul 2014122Ep: pct application non-entry in european phase
Ref document number: 12802741
Country of ref document: EP
Kind code of ref document: A1